無添加化粧品とは?その2

banner 1970年代、アレルギーを引き起こす成分を使用している場合、そのような成分を使用しているという事をパッケージに記載するよう政府が義務付けました。アレルギーを引き起こす成分=表示指定成分と言われたのですが、化粧品メーカーが、アレルギーを引き起こす成分を使用していません!と表示する表現として「表示指定成分無添加化粧品」という言葉が生まれました。しかしメーカーによっては肝心の「表示指定成分」を省略して「無添加化粧品」と表示するメーカーもありました。

2001年になり方針が変わり「表示指定成分」という義務付けがなくなり、代わりにアレルギー反応を引き起こす「表示指定成分」だけでなくすべての成分をパーッケージに表示するように義務付けられたのです。これにより「表示指定成分無添加化粧品」という言葉はなくなりましたが、「無添加化粧品」というあいまいな表現の言葉だけが続けて使用されるようになり、現在に至るのです。

つまり「無添加化粧品」とはとてもあいまいな表現ですので、その言葉が持つイメージだけに囚われて無添加化粧品=お肌に優しい、安全、アレルギーがあっても大丈夫などというように思い込んではいけません。

トラブルが多いお肌をお持ちの方は商品本体やパッケージに記載されている成分にアレルギーがないかどうか等、自分で情報を正しく収集して使用しましょう。そのためには自分のお肌を知る必要がありますので普段のお手入れの時から小さな変化に気を付けましょう。

注目コンテンツ

無添加化粧品が向いている人

記事をみる

無添加化粧品のいいところ

記事をみる

無添加化粧品のデメリット

記事をみる

Copyright(c) 無添加化粧品ですっぴん美人に!. All Rights Reserved.