無添加化粧品とオーガニック化粧品

banner 数ある化粧品の中で無添加化粧品と呼ばれる化粧品とオーがニック化粧品と呼ばれる化粧品があります。どちらの化粧品もお肌にやさしいイメージがありますね。この2つの違いとは何なのでしょうか。

まず無添加化粧品というのは無添加と書かれていますが添加物が何もないという意味の化粧品ではありません。無添加化粧品の無添加とは昔政府が定めた表示指定成分が入っていない化粧品というものです。表示指定成分とはアレルギー反応を起す成分でそのような成分が入っている場合は表示しなさいと政府が定めていたのです。その頃に出てきた言葉が「表示指定成分無添加」という言葉と「無添加」です。前者の方が正しい記載ですが、後者の「無添加」も多く使用され、表示義務付け精度がなくなった今でも「無添加」イコール「安全」というイメージで商品に使用されているものです。無添加と書かれているものでも自分には合わない成分が含まれる場合もあるので注意が必要です。

オーがニックと化粧品とは自然療法による安全性の高い天然成分を使用した化粧品です。天然成分というとハーブなどの植物等が挙げられます。もちろん100パーセント自然素材の化粧品が一番良いのでしょうが、なかなかそれは難しいですので合成成分はもちろん含まれますが、他の化粧品に比べてその含有量は少ないと言えるでしょう。

注目コンテンツ

無添加化粧品が向いている人

記事をみる

無添加化粧品のいいところ

記事をみる

無添加化粧品のデメリット

記事をみる

Copyright(c) 無添加化粧品ですっぴん美人に!. All Rights Reserved.